ヨガの様々なポーズ

仕事に人間関係に…何かとストレスの多い今の社会。 いつのまにか私たちの心も体も緊張状態が続いて 疲れきってしまいますよね。そんな心と体を調整するヨガには様々なポーズがあります。そのポーズを見ていきます。
◎前屈のポーズ
上半身をまっすぐにして前に倒し、背中、腰、足を十分に伸ばすポーズです。内臓の機能もアップして体が柔らかくなります。腰と腹部が刺激され、内臓の各器官の働きが高まり、ホルモンバランスが整って全身を美しく、スリムにする効果も期待できます。体がかたくてこまっている人も、出来る範囲で腰や足の伸び をよく意識しながら、リラ ックスして やってみましょう。
1足を伸ばして坐り 、左ひざを折って ももに引き寄 せます。
2 息を吸いながら両腕を天に伸ばし、腰から上半身を引き伸ばします。
3 息を吐きながら、腰を押 し出してゆっくリ前へ。 できるだけ背中を伸ばし て、足に近づけます。
◎胸と脇を開くポーズ
心と体を解放してリラックスします。空に向かって大きく胸と脇を聞くこ のポーズは、 気持ちよさも最高です。 上半身をよく伸ばすせば、ストレスなどで疲れた心もリラックスし、 背中から重いものをおろすような解放感が得られます。 気分もすっきりして、背骨が柔らかくなります。深く息をして、自律神経 のバランスを整え心からリラックスできるようにな ります。
1 胸の前で合掌し、深く息を吐きます。
2 両手を合わせ、息を吸いながらまっすぐ上に伸ばしていきます。
3 両手を広げ、親指から指を折っていき、グーを作りま す。
4 グーを作った手を内側に折 ります。
5 額を床につけて両手 首をつけて、できる だけ前方へ押し出し ます。
6 手首を折ったまま 、息を吐きながら内側にね じって両腕を上げ、 上半身を前に倒します。

◎ノビねこのポーズ 

ねこが伸びをするように背骨をできるだけ反らすこのポ ーズも、気持ちよさは最高です。
脊髄のひとつひとつが伸び、背骨がゆるむ感触を味わってください。 内臓の力を抜いて胸、肩が床に落ちるように上半身を滑らせ、内臓の力を抜いて内臓が逆さに落ちてくるような感覚があれば大丈夫です。脇の下を伸ばし、心の緊張をほぐすことができます。

1 正坐して手をひざの前に つき、息を吸いながら、 あごを上げ背中を反らし て腰を伸ばします。
2 息を吐きながら、背骨のひとつひとつを伸ばしながら手を前に滑らせ前に倒します。
3内臓が胸に落ちてくるような感覚になるまで力を抜きます。
4腰を上げ、 手をさらに前へ滑らせます。胸から床につけ、できるだけ背中をそらして伸ばしま す。自然に呼吸をして吐き ながら腰を落とししていきます。

◎やさしいねじり

ヨガの中でも一番簡単なポーズでぜい肉を落とすこともできます。
背骨を丁寧にねじることで、背骨のゆがみを調整し、それが原因でおこる腰痛や内臓疾患、神経症などが改善できます。また、ぜい肉をすっきりさせる効果も期待できるといわれています。 背骨のひとつひとつを意識しながら ねじ ってい くようにしていきます。
1足を伸ばして坐り 、左ひざを立てて右ひざの向こうにおきます。
2 右手でひざを抱き寄 せ、左手を背側に立 て息を吸います。
3背骨を意識してゆっくりねじります。
4背骨 を下から上へ 1本ずつ ねじっていくように、 左へねじります。